物件管理

物件情報をツリー構造で管理。各物件の情報管理、またその内容の編集や参照の権限等、セキュリティ機能により担当者・部署別に管理します。

実行予算管理

工種/材料の両方の視点から検討し、実行予算が作成可能。「仮実行予算モード」と「確定実行予算モード」を装備し、実行予算が確定したあとはセキュリティ機能により権限のあるユーザー以外は予算の変更はできません。権限があるユーザーであれば、確定予算を「仮実行予算モード」へ変更可能です。また、1物件ごとに実行予算データを過去5回まで履歴管理ができます。前回作成した実行予算を画面上に表示させ、増減した変更内容を比較(Web上で可能)しながら効率良く実行予算を作成することが出来ます。

先行発注機能

実行予算が確定しない状態でも発注/支払処理が行えます。また仮発注した内容を本発注書にまとめて管理も可能。日々の業務の変動に合わせ臨機応変に処理ができます。

購買管理

注文処理/注文台帳より構成され、購買業務にマッチした処理が行えます。注文処理を行う際、複数の材料を一式にまとめて処理も可能。先行発注処理にも対応しています。

支払管理

取極支払処理/取極外支払処理/立替処理/支払台帳により構成されます。取極支払処理は業者請求額と支払査定額に分けた管理を行い、取極外支払処理では注文処理を行わずに支払処理が可能。また立替処理は物件毎に取引先間での立替相殺処理ができます。これらの入力処理方法は各物件ごとに処理する方法と物件を指定せず、注文コ-ドのみで参照し請求支払処理を行うことができる方法の2通りの入力機能をサポ-トしています。

予算管理

物件に対する原価情報を工種別/材料別に切り替え、さらに利益/注文/支払の角度から瞬時に集計分析することができます。また予算管理データはCSVにも出力されますので、蓄積されたデータを再利用でき、社内原価情報に活用できます。

集計

任意期間を設定し、物件別・取引先別・材料別に集計が可能です。 物件別集計は期間内の完成・未成物件毎の集計が可能。また原価・予想利益・工事利益別の集計情報を瞬時に切り替えて集計が可能です。さらに、用途区分、官民区分、部署別、現場別に切り替えができ、多角的な分析機能による利益確認が行えます。
材料別集計では、材料毎の平均単価/最高単価/最低単価を算出できます。集計データはCSVに出力できますので、蓄積されたデータを再利用でき、社内原価情報に活用出来ます。

その他機能(オプション)

JV工事の別管理/間接経費の配賦処理によりスピーディーな原価管理をサポ-トします。

入金

各物件の請負金額に対する入金情報を管理できます。

建設ERP ・ 原価管理WAO

事例のご紹介

D社様(鋳物・機材・建材商社、建築工事等)

建設業の業種
売上高101億~500億円
従業員数101~500名
ライセンス数155ライセンス
テーマ・導入成果リアルタイムな原価把握でスピード経営を実現!
資料請求やお見積りなど
お気軽にご相談ください